ドミノピザは宅配業界で最も早くドローンとIoTを活用しています。ドミノピザからわかる宅配業界の未来図とは?

日本にやってきてから30年、全国に400店舗まで拡大にすることに成功したドミノピザ。

これまで様々な施策を行ってきましたが、
今度はIoTの導入し、より快適にピザを届けるサービスの実現に力をいれています。

配達食品の業界の革新は近づいていますね!

  • ドローン配達
  • デリバリーロボット『DRU(ドリュー)』
  • IFTTT(イフト)社の提携

これらにスポットを当てていきたいと思います。

ドローン配達の導入


2016年8月にニュージーランドのオークランドでドローン配達の試行を行い、無事成功しました。

CEOのドン・メイジ氏はドローン配達の導入と技術向上のために投資をしており、今後は世界でも実施していくと語っています。

ドローンを使うことで宅配コストを削減出来るので、ピザ代も安くなる可能性もあります。

技術導入には各国の法的な整備も必要となりますが、いずれ全世界で使われていくでしょう。

2016年8月の試行ではドミノピザは新興会社「Flirtey」のドローンを使用しました。

新興会社「Flirtey」は2016年3月下旬に米連邦航空局(FAA)認可の完全自立飛行型ドローンをアメリカで初めて成功させた会社で、今注目されているんです。

CEOのMatt Sweeny氏は
「ドローンが都市環境の中でこれからもっと馴染みのあるものになるだろう。

会社の倉庫や店舗から依頼主の玄関先まで荷物を届ける技術をもっと向上させたい。

これが普及すれば人々のライフスタイルはもっと劇的に変わるはずだ」と語っています。

Flirtey社は物流業界に革命を起こす企業かもしれませんね!

配達ロボットの導入

2017年3月下旬ドミノピザと英スターシップテクノロジーズはロボット配達プログラムを発表しました。

最高時速6.4kmで走行する自動運転ロボットの名は「DRU(ドリュー)」

スペック:(高さ922mm、車幅740mm、奥行き1,030mm、重量約190kg)

オーストラリア・クイーンズランド州のエリアでは既に試行は始まっており、DRUがピザを配達してくれているのです。

まだ試行ということでピザ店から半径約2km県内に家にだけ届けているようで、今後はDRUのスピードを上げて行くことや、安全面の強化によりもっと普及させて行くことを考えています。

DRUにはGPSを搭載しているので、どこにいるのかが分かり、ドミノピザもピザを頼んだ人も場所をスマホで簡単チェック出来ます。

ドローンや自動運転ロボットが普及することで人件費をカットすることもできますね。

IoTの導入

ドミノピザは2017年5月にIFTTT(イフト)社との提携を発表しました。

IFTTT(イフト)社はアプリとデバイス(家電を含む)を連携されるサービスを運営している会社です。

ドミノピザの宅配サービスには既にGPS機能がついているのでスマホで追跡もできますし、
IoT導入で配達員が近づいて来たら玄関窓が空いたり、冷蔵庫から飲み物が出てくるなどの仕掛けも楽しめます。

ドミノピザのデニス・マロニー氏は

現状で既に弊社のトラッカーは広く利用され、顧客に愛されているが、
今回のIFTTTとの提携で我が社のイノベーションを次のステージに進めたい

と発言。

先ほどのドローンや配達ロボットとIoTが連動することでライフスタイルにイノベーションが起こるかもしれませんね!

ラストワンマイル問題とは

これらの技術発展により、物流業界で問題の「ラストワンマイル問題」も解決できるのでは?と期待されています。

近年Amazon利用者が急増するなど、宅配サービスの利用者が増えてきています。

しかしそれと同時に、荷物が「再配達」になるケースも増えており、なんと5件に1件が再配達されるようになりました。

それに伴い国土交通省は「宅配の再配達の発生による 社会的損失の試算について」の資料を公開しました。

再配達が増えることによって

  1. 配達コストの上昇
  2. 環境問題
  3. 生産性の悪化

この3つが生じるようになったのです。

物流は日々進化しており、各地の宅配営業所までは問題なく届くけど、「宅配依頼主までの最後の一歩が遠い・・」

これを解決するために、ドローン、自動運転ロボットやIoTは活用できるはずです。

平日深夜に荷物を受け取ることも可能になれば生活も豊かになります。

宅配員では出来なかったことが新しい技術の導入によって出来ることもこれから増えていき、ラストワンマイル問題も解決されていくでしょう。

最後に

ドミノピザは以前にこのような約束をしていました。

熱々でジューシーな美味しいピザをお宅まで30分以内にお届けします。
間に合わなければ、代金は頂きません

あまりに有名なこのフレーズ。ドミノピザの独自の強みを的確に表した表現ですよね。

ドローン、自動運転ロボやIoTによりこれよりももっと進化した宅配サービスを展開していきそうですね。

これからの新しいサービスに注目です!

The following two tabs change content below.

編集長 松本

合同会社WMC代表 Iotラボの編集長もやっています。