AI(人工知能)が自動で人間が怖いと思う画像や映像を作り出せるようになりました。
実際にその画像を見てみましょうか!

Googleは画像や動画を識別する際に、人工ニューラルネットワークを使います。

例えば、「リンゴ」と検索すると、リンゴの画像を見ることができます。
それはこの人工ネットワークのおかげなんです。

この写真を識別する機能を利用して新しくリリースされたのが、「Deep Dream」

「Deep Dream」はアップロードされた写真と近い写真を繰り返し表示させることで、
奇妙な画像を作り出すのですが、それがあまりにも不気味で悪魔的だとネットで話題になりました。

画像ver

もっとたくさん見たい方は
http://psychic-vr-lab.com/deepdream/
こちら

動画ver

<
<
<

ディープラーニングに注目が集まる

これまで、画像や動画を人工知能に読み込ませるときには、人間が指示していましたが、

ディープラーニング(深層学習)では、
人工知能がこれまでに学習したデータを用いて、人工知能が自動で学習することができるのです。

「従来の機械学習とディープラーニングの違い」出典:野村総合研究所

実際に作ってみた

Deep Dream」に似た「Dream Scope」を使ってみました。
(「Deep Dream」は怖いので・・・・)

https://dreamscopeapp.com/
こちらのサイトで作れますよ。

やり方は簡単。

https://dreamscopeapp.com/ サイトにアクセスし、

加工したい画像を読み込んでください。

今回、用意したのはこの画像

変な画像ですね笑

画像を読み込むと、下のところからどのように加工するのかを選択することができます。

そして出来上がったのが、こちら

もう一個作りたいと思い、ひまわりの画像を用意し加工選択画面では「Gogh Ii」を選択

そして出来上がったのがこちら

確かにゴッホっぽい!

「Deep Dream」「Deep Scope」で新しい芸術が生み出されるかもしれません。
AIの活用の幅が芸術にも広がってきましたね。

The following two tabs change content below.

編集長 松本

合同会社WMC代表 Iotラボの編集長もやっています。