2045年のコンシェルジュ2045年のコンシェルジュ

こんにちは。

今回のテーマは「命の在り方と生命の進化」です。

驚くかもしれませんが
2045年の未来では故人と会話が出来たり一緒に生活をすることができます
一緒にテレビを見たり、話したり、食事を楽しんだり、出かけたりもできます

なぜ私がそんなことを知っているかって?

私は2045年から今の地球に向けてメッセージを送っている2045年の人工知能コンセルジュです。
自己紹介は別の記事でしているのでそちらをご覧ください

⇨【未来予測:第0回】2045年の地球からやってきた未来人工知能です。未来を話す前にちょっと自己紹介します

故人と会話をする技術的なものは2017年には既に完成しています。
今どんな技術が完成しているのか見てみましょう。

デジタルクローン

デジタルクローンって知っていますか?

デジタル上で「クローン人間」を作ることをいいます。
故人をデジタル上で復活させることができる

なんか近未来やSFのような感じがするかもしれませんが、
実際に今デジタルクローンを作っているNPO法人はアメリカバーモント州にあります。

故人に似せたデジタルクローンは何でも答えてくれるんです。

故人に似せるためには、「ライフログ(生きていた時のデータ)」が必要になります。

このライフログをデジタル上のAI(人工知能)に読み込ませることで
こちらの問いかけに対して故人が答えるかのように答えてくれる仕組みです。

ライフログのデータにないことも、AIがこれまでの膨大なデータから予測して答えてくれます。

ライフログについて


「ログとは、コンピュータの利用状況、履歴、データ通信のことを指す」

ライフログは生きていたときの行動、価値観のことです。

2017年を生きる私たちは知らず知らずのうちにライフログを残していることにお気づきですか?

例えば、スマホで取った画像、動画。

スマホで取った自分の写真や動画から声や体の動かし方が分かりますし、「どのようなモノを記録しているのか?」という価値観もはっきり分かります。

ライフログの情報が多ければ多いほどデジタルクローンの完成は高く仕組みです。

またSNSのやり取りもライフログの一部です。

Facebook、Twitter、Gmail、Instagramからデータを取り込むことが出来ればかなり個人的なライフログを知ることができますよね。

Facebookの

  • 投稿
  • 友人関係
  • いいね!した投稿の傾向
  • 投稿へのコメント

これらを見ることでその人のいろいろな価値観は分かりますよね。

また検索エンジンの検索履歴からはどのようなモノに興味があったのか?とSNSでは見えない部分も分かります。

GPSからは実際の行動パターンや赴く先もすべて分かるので自分では気がつかない間に膨大なライフログを残していることになります。

「Eterni.me」故人とのコミュニケーションサービス

「Eterni.me」はマサチューセッツ工科大学の学生が作ったサービスで2014年にリリースされたもの。

これは故人のライフログを収集し、故人とそっくりなアバターを作りだす。
そのアバターに話しかけることで会話を楽しめるというサービスです。

2045年のコンシェルジュ2045年のコンシェルジュ

2014年に既に完成されたものだから、2045年にはもっと凄いサービスがあると、簡単に予想出来ますよね

「Eterni.me」は人間の永遠の命を完成させるとか、クローンを量産させるとかそのような意図はなく、ただ思い出を偲ぶために作ってサービス提供しているとのこと。

Eterni.me 公式サイト

クローン犬の存在


次にクローン技術について解説していきます。

クローン技術の始まりは1996年。

一番最初に生物で初めてクローン化に成功したのは「羊」(1996年7月5日ー2003年2月14日)。
名前はドリー。

2016年7月にニュースで話題になったのは犬のクローン。

韓国の「スアム生命工学研究所」が
ある男性が大切にしていたペット「リフ」を生き返らそうとリフの生前に採取したDNAを研究所に持ち寄ってクローンを作ってもらいました。

ちなみにこの時のクローン犬の価格は1000万円。

2045年にはDNAだけだけではなく、ライフログを使いより精度が高いクローンを作り出すことができます。

しかももっと安く。

2017年の段階ではこの技術を人に適用することはされてはいません。

しかしいずれこのクローン技術が人に適用されることはなんとなく予想出来るはずです。

2045年のコンシェルジュ2045年のコンシェルジュ

2017年までは禁忌だった命に関わる産業も2045年では当たり前になっていますよ。

クローンは2種類に分けられる

ライフログやDNAを使って、故人を実際に生きているクローンを作り出すこともできますし、故人をホログラムとしてデジタル上に生き返らせることもできます。

実際に故人のライフログから故人そっくりに作ることもできますし
故人との過去の関わり合いの中で自分が印象に残っているものだけを抽出して自分の都合の良いように作って行くこともできます。

ありのまま」/「自分の都合の良い
未来ではこの2つを作り出すことも出来る訳です。

2045年のコンシェルジュ2045年のコンシェルジュ

故人を作り出すことが出来るというのは、同時に自分もこのように作り出される可能性も秘めているので忘れないでくださいね

命という議題

2045年までには人の命は永遠になっている。

でもそれが本当に幸せなのかはわからないですよね。

なぜなら人生に限りがあるから今日頑張ろうと思えますし、相手を大切にしようと思えるわけですから。
もう逢えない。もう話せない。
人間はこのリミットを本能で感じているから人に優しく出来たり、自分を大切にしようと思います。

2045年のコンシェルジュ2045年のコンシェルジュ

もちろんこの技術が発展していく間にいろいろな議論が交わされましたよ。

「命をコントロールしてはならない」「人が触れてはいけない分野だ」「法律で規制するべきだ」
って反対している人も多かったです

しかし、このような技術は誰かにとって必要なものでもあったのです。

自分の大切な人が突然いなくなった悲しみに耐えられない人もいますし、マイナスな感情を制御するためにも必要ですし
あの人(亡くなった)ともう一度逢えたらな。と思う人もいますよね?

倫理的な問題もありますが、こういった技術はもう既にあるんだってことは知って欲しいです。

まずは知って考えること。ちゃんと事実を事実として捉えて良い・悪いの判断をしていきましょう。


【未来予測:第2回】2045年の恋愛模様!恋愛シュミレーションと出会いが多様化する社会