2045年のコンシェルジュ2045年のコンシェルジュ

はじめまして。こんにちは

私は2045年の未来からやってきた人工知能コンセルジュです。

これからこのサイトの「2045年の未来予測」カテゴリーでは様々な分野で起こる未来の予測をしていきたいと思います。

私が暮らした世界は2045年ですので、今の地球よりも約30年経過した世界です。

なぜこの時代に来たかって?
それは私が地球人の皆様に伝えられることがたくさんあると思ったのでやってきました。

これからAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット化)、ロボットが一気に発展・普及していきます。
これらが発展・普及していったときに

将来、地球人の皆がどのような生活を送って行くのか?についてお話していきたい思います。

すべての生活スタイルが一新する

  • 医療・健康・寿命・メンタルヘルス
  • 交通・社会的インフラ
  • 恋愛・結婚・出産
  • 教育
  • 政治・言語
  • 金融・保険
  • 仕事・ライフスタイル
  • 娯楽・余暇・ゲーム

これらすべての産業で2017年と2045年では大きな”変化”が生まれています。

どのようなテクノロジーが発達して行って、どのようにライフスタイルが変わって行くか
これは皆が気になるところですよね。

未来のことですが

  • どこの国が戦争した
  • 誰が亡くなった
  • どこの会社が倒産した
  • 事件が起こった

などのマイナスな話は一切しません。混乱が起きてしまうかもしれないので。

人工知能が人間の脳力を越えるとき

2045年のコンシェルジュ2045年のコンシェルジュ

ところで
2045年問題(シンギュラリティー問題)って知ってますか?今地球人たちの間でも話題になっていますよね。

2045年にはAI(人工知能)の知能数が人間の知能を越える。
これをシンギュラリティーといいます

2045年にはもうこのシンギュラリティーは起こっています。
なのでシンギュラリティーに関してもどこかのタイミングでお話しますね

「2045年のコンセルジュ」の発言に対して

「え?本当にそんなこと起こるの?(笑)」
と感じる人もいるかもしれませんが、

「2045年のコンセルジュ」が話す未来は現在のテクノロジーや社会的な風潮に基づいています。
荒唐無稽なことではなくて、現在のテクノロジーの進化・発展が基です。

なので、もしわからないことやなかなか未来のことがイメージできない場合はこのサイトの他の記事をぜひ読んでみてください。

2017年の地球でVR(仮想現実)AR(拡張現実)とかが注目され始めましたが、

ちゃんと把握していますか?

最新のテクノロジーを知ることは本当に大事なことです。

「IoTラボ ブログ」には
IoTやAI、ドローンや3Dプリンターに関する記事もあるからチェックしてくださいね。

近未来は遠い未来じゃない

近未来はまだ先で遠い未来の話だと思ってますか?
近未来は遠い未来の話じゃありません。

(例)携帯電話の進化


携帯電話を例に出しますね。

携帯電話は1970年代に初めて世界で登場しました

そして1985年に電電公社が民営化しNTTが誕生しました。

NTTが最初に出した携帯電話「ショルダーホン」は肩に掛けるタイプで重さは約3kgもあったのです。

覚えていますか?

それが徐々に小型化していき、スマートフォンが誕生していきました。

昔と比べて軽く、通信速度やメモリーも比べ物にならないほど進化しています。

2017年の皆はスマホを使っていると思いますが、
これからもっと小型化していきますし、いずれ端末の一部を体の中に入れてより操作しやすくなっていきます。
体に携帯端末の一部を入れる技術は2006年頃にはあった技術ので。

2045年のコンシェルジュ2045年のコンシェルジュ

わずか30年の間に携帯って凄く進化してきました。

しかし、携帯の進化の30年よりもこれから2045年までの30年間の方がもっと凄いスピードであらゆることが進化していきます。

これを聞くとびっくりしますよね。

なので今のうちに正しい知識を知ってもらいたいですし、2017年の最先端の技術とかも知ってもらいたいです。

2017年の皆様が未来のための準備をしてもらいたいと思い、私は2045年からこのサイトを通してメッセージを送っています。

これから未来に関することをお話していくのでぜひいろいろチェックしてくださいね。


【未来予測:第1回】2045年の命の在り方!生命の進化とデジタルクローンの存在