テキストだけで性格判断出来ると知ったらビックリしますか?

IBM Watsonの「Personality Insights(パーソナリティインサイト)」を使えばTwitterのツイートから性格を分析できます。

分析に必要なのは、たったの100文字。

正確に分析したい場合は3000-5000文字程度必要です。

今回は基本的な使い方と、世界的起業家の性格分析をしてみたいと思います。

Twitterの最新のつぶやき20個を「Personality Insights」に入れて分析します。

今回分析するのはこの5名。

イーロンマスク氏、ビルゲイツ氏、ティムクック氏、ジェフベソス氏、孫正義氏。

ではまずは基本的な使い方について解説していきます。

「Personality Insights」の使い方

Personality Insights(パーソナリティインサイト)」にアクセスすると、

上のような画面に変遷します。

「あなたのツイッターの分析」をクリックして、連携するツイッターアカウントを設定すると、すぐに性格分析が表示されますよ。

簡単ですね。わずか5秒程度で、性格分析ができるのでツイッターやっている方は是非試して見てください。

さて、次は世界的起業家たちの分析データです。

イーロンマスクの「Personality Insights」データ

2017年6月3日ー2017年6月18日のツイートが分析対象。

パーソナリティーインサイトの診断結果・・・・


(クリック拡大化)

Paypalの創業者として活躍し、現在はテスラ・モーターズ、スペースx、ソーラーシティなど次世代のITテクノロジー会社の経営です。

人類を火星に移住させる」を目標と掲げています。

パーソナリティーインサイトのデータで
「伝統はあまりこだわりません:人が通った道よりも我が道を行くことを大切にします。自分自身で目標を設定する傾向にあります」

というのがありますが、まさにイーロンマスク氏のイメージ通りですね。

ただちょっと気になったのは、
買い物にクレジットカードを使うことは少ない」ということですが、イーロンマスクはペイパル(PayPal)を創業したのにクレジットカード決済は普段使わないのですかね。(笑)

ビルゲイツの「Personality Insights」データ

2017年5月18日ー2017年6月18日のツイートが分析対象。

パーソナリティーインサイトの診断結果・・・・


(クリック拡大化)

世界で最もお金持ちであり実業家として大成功しているビルゲイツ氏。

もはや知らない人はいないでしょう。総資産は2018年度で900億ドルを超えています。

データ結果を見ると「社会貢献のためにボランティア活動をする」傾向にあるようですが、

実際にビルゲイツ氏は過去に自身の資産の95%を社会貢献活動に費やすという計画を明らかにしました。

約10兆円を個人で社会のために使うってどれだけ懐が広いんだ、とびっくりしてしまいますよね。

そのボランティア精神は凄まじい。パーソナリティーインサイトもビルゲイツ氏の男気にツイッターを通してびっくりしていることでしょう。

ティムクックの「Personality Insights」データ

2017年3月24日ー2017年6月14日のツイートが分析対象。

パーソナリティーインサイトの診断結果・・・・


(クリック拡大化)

カリスマ・スティーブ・ジョブズ亡き後のアップル社を率いているティムクック氏。

数年後に起業することを考えている」傾向にあるようですが、アップル社は時価総額世界1位ですからね。

とっくに起業していますし、世界で最も優秀な経営者だと言っても過言ではないでしょう。

安定を意識して意思決定するタイプです」とありますが、安定志向だったらジョブズの後にアップルを経営しているのですかね?

ティムクック氏に関するちょっとこの診断結果は微妙かもしれません。

ジェフベソスの「Personality Insights」データ

2016年11月10日ー2017年6月15日のツイートが分析対象。

パーソナリティーインサイトの診断結果・・・・


(クリック拡大化)

世界的通販企業であるアマゾン。今やIT分野とメディア分野にも力を入れ、規模が本当に大きくなってきました。

あまり余暇時間を過ごさない私でさえ、アマゾンプライムとか見ていますもん笑

自分自身に高い目標を持ち、それを達成するために熱心に取り組みます」という結果は当たっていますね。

しかし、
数年後に起業することを考えている
買い物にクレジットカードを使う傾向は低い
というのは外れていると言えるでしょう。

もしかすると、イーロンマスク氏のようにジェフベソス氏もクレジットカードでネットショッピングはしないのかもしれませんね(笑)

孫正義の「Personality Insights」データ

2014年8月16日ー2017年2月9日のツイートが分析対象。

パーソナリティーインサイトの診断結果・・・・



(クリック拡大化)

創業者一代で1兆円を超える規模の会社を日本で作ったのは孫正義氏、ただ一人。

「自己主張が強い」「伝統にはあまりこだわりません:人が通った道よりも我が道を行くことを大切にします」

という診断結果は当たっているように思えますね。

株主総会やソフトバンクセミナーで孫正義氏が登壇しているところを見る限り、かなり感情の起伏が激しいイメージでしたが、

パーソナリティーインサイトの診断結果を見る限りでは、感情起伏は平均のようですね。

「挑戦」が50%しかないのは非常に意外でした。

もうなんだかわからないくらい挑戦しているイメージだったので。

余談

ツイートだけではなく、本人がリツイートしたものやお気に入り登録したものも分析対象に含まれるともっと精度が高い分析が出来ると思いました。

ツイートに張ってあるURLを分析出来るようになったらさらに精度が上がりそうですね。

無茶な要望だと思いつつも、Personality Insightsには期待してしまいます(笑)

総評

個性」「欲求」「価値」それぞれのデータを算出する事が出来ました。

5人の世界的起業家の共通点として、

個性の中では「誠実性」が高い割合が多く、
欲求は「理想」「自由」「興奮」「挑戦」など最先端を行く経営者らしい「前に突き進む」感が上位を占めています。

価値観はそれぞれで、ジェフベソスのように「現状維持」を最も上に挙げる人もいれば、

イーロンマスクのように「変化許容性」を最も上に挙げ、「現状維持」を最も下に挙げる人もいます。

結論を言うと、、、

人それぞれって感じですかね笑

Twitterで性格分析出来るので、facebookなどでも出来ると思います。
今後の活用の幅が増えてきそうな感じがしますね!

The following two tabs change content below.

編集長 松本

合同会社WMC代表 Iotラボの編集長もやっています。