ディズニーランドの来園者が身につけるマジックバンド

このマジックバンドを付けることで来園者は園内で自由に買い物出来たり、アトラクションを利用することができます。

ランド内のホテルでもこれをかざすだけで部屋に入れたりとかなり使い勝手が良いツールなんです。

ミッキーマウスがデザインされているマジックバンドはお洒落ですね!

そんなマジックバンドはユーザーの利便性を高めることだけではなくて、
マーケティングツールとしてもディズニーランドは活用しているんです。

消費者の行動を把握する狙い

このマジックバンドにはRFID(Radio Frequency IDentification)チップが埋め込まれており、

これによってバンドを付けた人の行動が電波を通じて分かります。

例えば、
「カリブの海賊」に乗る人は「スプラッシュマウンテン」に乗る
「ジャングルクルーズ」に乗る人は「ビッグサンダーマウンテン」には乗らない

ミッキーを見つけたらハグする人はグーフィーには握手だけする

などなど
このような来園者の行動パターンを把握することができます。

特にショップで商品を買う人が園内で起こす行動のパターンを抽出することで、

特定のアトラクションに乗る人は園内で使うお金は多い・少ない
を解析し、分析することができるわけです。

これってかなりマーケティングツールとして使いこなすことができますよね!

  • 年齢
  • 性別
  • 出身
  • 職業

これらのセグメント分析を徹底して行うことで、
特定の層にアプローチしたマーケティング施策を組むことができます。

マジックバンドはユーザーの利便性を高め、そしてディズニーランドはマーケティングツールとして活用する事が出来るという
双方にメリットをもたらせたものだといえるでしょう!