ディズニーランドの来園者が身につけるマジックバンド

マジックバンドを付けることで来園者は自由に買い物出来たり、アトラクションの利用が可能になります。

ランド内のホテルでも、これをかざすだけで部屋に入れたりとかなり使い勝手が良いツールなんです。

ミッキーマウスがデザインされているマジックバンドはお洒落ですね!

ディズニーランドはマジックバンドをマーケティングのツールとして活用しています。

IoT事例としては非常に興味ふかいですよね。

<

狙い;消費者の行動を把握

マジックバンドにはRFID(Radio Frequency IDentification)チップが埋め込まれており、電波を通じて、人の行動を記録できます。

収集したデータを解析すれば、様々な人の行動がわかるんです。

例えば、

  • 「カリブの海賊」に乗る人は「スプラッシュマウンテン」に乗る
  • 「ジャングルクルーズ」に乗る人は「ビッグサンダーマウンテン」には乗らない
  • ミッキーを見つけたらハグする人はグーフィーには握手だけする

など、このような来園者の行動パターンを把握できます。

ショップで商品を買う人の行動パターンを抽出すれば、

「特定のアトラクションに乗る人は園内で使うお金は多い・少ない」が一目瞭然になるわけです。

これってかなりマーケティングツールとして使えますよね。

  • 年齢
  • 性別
  • 出身
  • 職業

これらのセグメント分析を徹底すれば、特定の層にアプローチしたマーケティング施策が見つかるはず。

マジックバンドは「ユーザーの利便性の向上」と「ディズニーランドのマーケティング施策」の2つの役割を持っています。

<関連記事>

伸び盛り市場!「ホームセキュリティー」×「IoT」の動向と注目製品を徹底的に調べてみた

猫を飼っている人は必見!IoTの導入で猫飼いはこう変わる!ポイントをまとめてみた!

The following two tabs change content below.

編集長 松本

合同会社WMC代表 Iotラボの編集長もやっています。